amazonのオーディブル(audible)を徹底解説!!使い方完全ガイド

Audible audible

この記事では、amazonが提供するオーディオブック(audible)についてご紹介致します。登録方法と解約手続き、アプリの使い方や特徴、料金、感想をまとめました。


この記事を書いている2020年8月時点では、30日間の無料トライアルがついているため、初めての方であればどなたでも1冊無料で聴くことができます。


別の記事で、「聴く本」に関するサブスクリプションサービスの比較、まとめを紹介していますので、気になる方はそちらもチェックしてみてください。

記事の内容

・オーディブル(audible)とは?
・料金と仕組み、コイン制とは?
・登録手順と退会手順(3分)
・本の購入と返品方法手順(1分)
・オーディブルのアプリ機能まとめ



この記事を読んでいただくことで、オーディブルがどんなものであるか、登録から退会手順、購入方法、返品方法、アプリ機能等、漏れなく情報収集できます。


まだ試したことがない、興味があるけれど面倒くさい、という方向けに画像説明メインで解説しました。興味のある部分だけサクッと情報収集してください。

オーディブル(audible)とは?


オーディブル(audible)とは、amazonが提供する音声コンテンツの配信サービスです。40万冊以上のラインナップがあります。


小説、ライトノベル、絵本、古典、絵本、詩歌、ビジネス、自己啓発、語学、科学、社会、政治等20以上のジャンルがあります。


本のオーディオコンテンツはもちろんのこと、News Picksや過去のラジオアーカイブなどのコンテンツもあります。(2020年8月4日現在)

audibleとは
画像:audible公式サイト



現在、国内で本をオーディオコンテンツとしてサービス配信しているところは、オーディブル(audible)以外にも複数あります。


「そもそも『本を聴く』ってどうなの?」といった疑問に対しては、1年以上利用した私なりの見解がありますので、別の記事で回答しています。


ここでは、数あるオーディオコンテンツ配信サービスの中から、オーディブルについて、以下の項目の順番で紹介致します。

オーディブル(audible)の特徴

・料金と仕組み
・コイン制とは?

料金と仕組み


料金は月額1500円(税込)の定額制サービスです。最初の1ヶ月は無料で、退会すれば料金は発生しません。


1500円で受けられるサービス内容は以下の通りです。公式サイトからの引用です。(2020年8月4日現在)

・会員プラン初回登録時は30日間無料。以降は月額¥1,500。
・毎月1つ付与される「コイン」でお好きなタイトルを購入。
・購入したタイトルは退会後もあなたのもの。
・会員ならどのタイトルでも30%OFFで購入可。
・タイトルの返品・交換可能。追加料金なしで楽しめるコンテンツも。

”無料体験を試す”をクリックして登録を完了させよう|amazon 公式サイト



要するに、最初の1ヶ月は無料でその後は毎月1500円の支払いが発生、その代わりに、好きな本1冊が1コインで交換できる、という制度です。

疑問
疑問

じゃあ、1冊しか聴けないの?2冊目はどうなるの…?



2冊目からは、本を購入することになります。本の値段は1000~3000円程度の価格帯が多く、30%割引が適用されて2000~2500円のものが多い印象です。


1コインは1冊と交換可能なので、本の値段は関係ありません。本の値段が1000円でも3000円でも1コインと同じなので、交換する本はよく考えましょう。


購入した本はアプリがあれば、退会後も自分のものになります。無料で本を1冊プレゼントってことですね。そんなことして大丈夫なのか、少し心配です。

コイン制とは?

コイン制とは
audible公式サイト


それでは、毎月1枚付与されるコイン制度について、もう少し詳しく見ていきましょう。コインの主なルールは以下の5つです。

  • 会員は毎月1コインをゲット(入会日から起算)
  • コインを買い足すことはできない
  • 利用しなかったコインは自動で繰り越し可能
  • コインの利用期限は入手日から6ヶ月
  • 本を返品すると、コインが戻る(上限あり)


コインは、繰り越しが可能ですが、増やすには購入した本を返却する以外に方法はありません。但し、これも回数制限があるようで多用はできません。


例外的に、私は、アプリの不具合でお詫びとしてコインを1つ頂いたことがありますが、基本的にそのような場合を除いて付与されることはありません。


しばらくアプリを使っていないと、購入することを忘れてしまうので、聴きたい本をときどきリストアップしておくことをお勧めします。

オーディブル登録手順と解約方法


次に、登録手順の解説です。amazonのアカウントが必要になりますので、ない人はまず、amazonアカウントを取りましょう。


ここでは、無料体験のみを検討している方向けに、解約の手順についても解説しているので、参考にしてください。

オーディブル登録手順と解約方法

・登録の手順(3分)
・解約の手順(1分)

登録の手順(3分)


以下の①~④の手順に従って登録を進めてください。所要時間は3分です。


Amazon公式サイトへ移動→ログイン
②「最初の1冊は無料、今すぐ聴こう」をクリック

audible登録方法①②
amazon 公式サイト



③支払い方法の選択(クレジットカードのみ)

audible登録方法③
amazon 公式サイト



④「無料体験を試す」をクリック

audible登録方法④
amazon 公式サイト



登録手順はこれで以上となります。本を実際に聴くためには、アプリのインストールが必要なので以下のリンクからダウンロードしておきましょう。

 

Google Play で手に入れよう

解約の手順(1分)


次に解約の手順を解説していきます。解約するタイミングは、登録から30日以内であれば、月額料金が掛からずに退会できます。所要時間は1分程。


①アカウントサービスを開く

オーディブルの公式サイトへアクセスしましょう。Amazonのアカウントでサインインできます。サインインしたら、右上のユーザー名をクリックし、アカウントサービスを開き、退会手続きをクリック。

audible公式サイトアカウントサービス
audible公式サイト|アカウントサービス



②退会理由を選択し、「次へ」をクリック

Audible退会方法②
audible公式サイト|アカウントサービス|退会①



③退会手続きを完了する

Audible退会方法②
audible公式サイト|アカウントサービス|退会②



以上で、退会の手続きは完了です。コインは残っているともったいないので、使用してしまうことをお勧めします。


また、休会プランや3ヵ月割引プランもありますが、退会忘れの原因になるので、一旦辞めてしまった方が良いでしょう。


本の購入と返品方法


本の購入は、以下の3つの方法でできます。

  • audibleアプリから購入
  • audible公式サイトから購入
  • Amazon公式サイトから購入


どのやり方でも大して変わりはありませんので、お好きな方法で問題ないと思います。ここでは、購入画面を示し、返品の方法について解説をします。

アプリから購入



アプリを開き、左上の三本線をクリックし、コンテンツから好きな項目を選びます。すると、本の一覧が表示されるので、そこから購入することができます。


ちなみに、以下の管理画面は、アンドロイドのアプリ画面です。iOS版では、できないという記事も見かけたことがありますが、購入方法は他にあるのでご安心ください。

audibleアプリからの購入画面
android版Audibleアプリ管理画面

Audible公式サイトから購入


Audibleの公式サイトから購入する方法です。購入する本が具体的に決まっていないときに、ジャンルから検索する場合や、新着リストをみたい場合は、お勧めです。


基本的に、アンドロイド版アプリと仕様や項目は変わらないので、アンドロイドのユーザーはアプリで十分だと思います。

audible公式サイトからの購入画面
audible公式サイト

Amazon公式サイトから購入


最後にAmazon公式サイト(アプリ)からの購入です。「形式・仕様」を選択し、「Audible」を選択すればOKです。

amazon公式サイトからの購入画面
amazonアプリ


実際、私は購入したい本が明確に決まっていることが多く、AmazonアプリのUIに慣れていることもあり、この方法で買うことがほとんどです。


選択肢がない場合は、オーディオ化されていないということなので、紙媒体で購入し、他の候補を検索するようにしています。

返品の具体的手順(1分)と注意点


手順は至ってシンプルです。ただ、アプリからの返品はできませんので、audibleの公式サイトへアクセスする必要があります。



①アカウントサービス→購入履歴(返品)をクリック

返品方法①
audible公式サイト|アカウントサービス



すると、以下のような購入した本のリストが表示されます。


②返品したい本を選択

返品方法②
audible公式サイト|アカウントサービス|購入履歴



注意点を御伝えしておくと、コインを戻すにはコインで購入したものでなければなりません。「1コイン」と表示されている本を選びましょう。


また、返品には回数制限があるようです。具体的な回数は公式サイトにも書かれていませんが、口コミでは8回前後と書かれている記事が多いです。


私は、繰り返し本を聴いているので、返品したことはありませんが、思っていた内容と違う場合は、返品して新しく本を仕入れることができます。

オーディブルのアプリ機能


最後に、アプリで使用できる機能についてご紹介します。以下は、本を再生した時の管理画面です。早送りや再生、停止は動画再生とほぼ同じなので割愛します。

audible アプリ管理画面
audible アプリ管理画面

①ドライブモード切替
②再生速度調整
③目次
④スリープ機能
⑤ブックマーク


以上、5つの機能についてご紹介します。また、これは個人的な好みですが、5段階評価で、気に入っている機能を★の数3段階で表しています。

①ドライブモード★


運転などをしている際に使用します。私は、車に乗らないので使ったことがありませんが、切り替えると以下のような簡易操作画面になります。

ドライブモード
アプリ機能|ドライブモード

②再生速度調整★★


これは頻繁に使用します。0.5~3.5倍速まで調整可能です。一度聴いた本でも、私には2倍が限界です。それ以上は使うことがありません。

再生速度調整
アプリ機能|再生速度調整


便利な機能ですが、再生速度を変更する場合、数字の入力ができず、スライドして微調整しなくてはならない点が使いにくい所です。

③目次★


文字通り、目次なのですが、ここは発展途上かなという気がします。理由としては、本によって目次の入れ方がバラバラで正直、使いにくいです。

目次
アプリ機能|目次


本によっては、3~5分ほどの小タイトルで区切られている場合もあれば、大きな章で30~90分程度の刻みとなっている場合もあります。

④スリープ機能★★★


この機能は、頻繁に使います。5、10、15、30、45、60分もしくは章の終わり、カスタマイズもできます。

スリープタイマー
アプリ機能|スリープタイマー


私は、就寝前にオーディブル(audible)を使用することが多く、頻繁に寝落ちするため、毎回30分程度で設定しています。

⑤ブックマーク★★


これは、今のところ使用していません。家で聴くことがほとんどなので、出先でメモをする必要がないからでしょう。

ブックマーク
アプリ機能|ブックマーク


ふと思ったことをメモしたい、しおりとアイディアを一緒にしたい等の場合には、良いかもしれません。

まとめ:新しい読書体験


本記事の内容はこれで以上となります。amazonのオーディブル(audible)は、まだリリースされて5年のサービスです。


正直、料金や価格設定、資料データ(画像などのPDF)、アプリの使いやすさ等、発展途上であるところは目につきます。


1500円以上課金するか否かは、30日のトライアルで判断することが一番でしょう。そのための無料体験期間ですし、本が1冊手に入ります。


私は、今までの読書体験とは違うメリットを感じ、月額1500円でも継続したい、有益だと判断したので、今現在も会員で皆に良いよと勧めています。


読書好きな方(あるいは苦手だった人でも)なら、試してみて損は絶対にすることがないので、一度お試しすることをお勧めします。


今回はこれで、以上となります。


最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました